当社の活動報告をご紹介します

2014年7月30日

当社私募債「北洋エコボンド」記事掲載(住宅産業新聞904号) Report札幌宅商からのお知らせ





当社は5月30日付で、第2回無担保社債3,000万を「北洋エコボンド(銀行保証付私募債)として発行しております。

その内容について平成26年6月16日発行 住宅産業新聞 第904号 にて記事が掲載されました。



北洋エコボンドの発行は、環境に配慮した取り組みを自主的・積極的に行っており、かつ国もしくは地方公共団体等の認定、登録を受けた企業に限定されます。

““環境保全に貢献している優良企業””として 今後も、高い人間力と人間性の志を持ち続け、お客様に感動を提供していきます。

2014年7月20日

2014年 日高研修 Report札幌宅商からのお知らせ

去る7月16日(水) 毎年恒例の日高研修が行われました。



※日高研修とは※

札幌宅商株式会社を設立した大崎取締役会長の生家を訪れ、会長や社長や専務、その他の社員との交流を深めようという目的で、ずっと続いている行事です。



さて、日高研修ではまず社員が考えたレクを行います。

今年は「釣り」「登山」「牧場体験」「ゴルフ」の4つの研修が行われました。







それぞれのレクが終わると、大崎会長の別荘へお邪魔して、ジンギスカンや焼きそばを皆で作って食べます。



前職を活かして、釣れた魚をさばく社員と、それを感心しながら見ている社員



買ってきた食材を次々に下ごしらえしていく様は、とっても頼りがいがあります。







楽しい食事の合間には、宅商ゴルフコンペの表彰式がありました。

優勝は岡林社長!おめでとうございます!コンペ参加社員もそれぞれ大健闘でした!







飲んで 食べて 遊んで 笑って

役員や社員同士交流も深まり、大変楽しいひと時を過ごすことが出来ました。



…しかしあまりに体力を酷使して、ついには夢の世界へ旅立ってしまう社員もちらほら…



社員のみなさま大変お疲れ様でした。

この研修で培ったものを日頃の業務に生かせるよう、また一日頑張っていきましょう!

2014年7月9日

2014年 上半期全体会議 Report札幌宅商からのお知らせ

平成26年7月8日(火) 札幌宅商株式会社 上半期全体会議が行われました。

かでる27の会議室に参加した全社員総勢45名となりました。



半年に一度、全社員が一同に会し今の課題と今後の展望について共有する、大切な機会である全体会議。



今回は過去最高人数になり、会場も今までと同じ規模では少々手狭になって参りました。







今回の会議の質疑応答の時間では、様々な質問・意見が飛び交い、

いつもより、活気づいた会議となりました。







【写真:CISの活動について質問する黒澤(写真左)・質問に回答するCIS室長 船越(写真右)】



今回、当社のコンサルティングをして頂いているワイズトリックスの渡邊氏にもご参加頂き、

終盤にはご登壇頂きました。







【写真:会議終盤に登壇頂いたワイズトリックス代表取締役 渡邊氏 】



渡邊氏の「今日の会議で一番気になった発表内容はどんなことか」という質問に、

研修の時のように隣同士ペアになって話をする場面もあり、いつもと違った雰囲気の会議となりました。



いつもは、責任者の発表(課題の分析や今後の方針)について、聞くのみにとどまっていた社員も

今回の会議では質問をしたり、考えたりする時間を設ける事で

より課題や方針についての理解を深められたと思います。











【写真:発表・質問への回答の様子 左上より 専務酒井・社長岡林・部長河邊・副部長算】



この会議での時間を糧として

札幌宅商は、様々な視点での課題と方針を胸に社員一同邁進して参ります。



今後ともよろしくお願いいたします。

PAGE UP