札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

当社お勧め物件情報

2020年4月10日

不動産用語解説 「抵当権」について 売買オススメ物件情報 大野翼

いつも当社ホームページをご覧頂きありがとうございます。

不動産販売課から、皆様が1度は聞いたことがあるけど、よく分からないと思われる不動産に関わる用語を解説させて頂きます。

今回は「抵当権」に解説させて頂きます。

 

抵当権とは、「金銭等を借りる際に、金銭を貸す者(債権者)が金銭を借りる者(債務者)に貸している金銭の返済しない、返済できない場合に他の金銭を貸している者に優先して返済を受けられる」権利・制度になります。

img-words-detail-ta_006-02図5

 

もし上記の権利・制度がなく、金銭を貸した者が借りた者より返済を受けられない時に、

強制的に借りている者から返済を受けさせることが出来なくなる、自分の他に多人数の金銭を貸している者がいる時も優先して貸している金銭の返済を受けられない等、不利益を被る可能性が出てきます。

 

上記の事態を防ぐために、「抵当権」という権利・制度を設けております。

抵当権は登記簿(土地・建物の戸籍にあたるもの)に登記(登記簿への記載申請)をすると効力が発生します。この権利の利点は、債権者が該当物件に抵当権の設定登記をすれば実際に住宅等に住まなくても効力が発生するところが利点とされております。

簡単ではありますが、以上で抵当権の解説とさせて頂きます。

 

当社では、不動産に関する総合的な不動産会社です。

不動産の事でご不明な点等ございましたら、011-822-1800までお気軽にお問い合わせください。

PAGE UP

PAGE UP

single