札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2017年10月11日

実写映画化~ハリウッド編~ スタッフブログ 室友久

室友久

いつも札幌宅商のHPをご覧いただきありがとうございます。

流通1課の室です。

 

前回の実写映画化(邦画)に引き続き、

今回は実写映画化のハリウッド作品ランキングを独断と偏見で発表させていただきます。

 

第5位

「スーサイドスクワット」の画像検索結果

【スーサイド・スクワッド】

最初は期待していなかった分、しっかり構成されていて楽しめました。

バットマンがちょい役で出てくる辺りも演出のセンスが良かったです。

バットマンの宿敵であるジョーカー役のジャレッド・レトが本来のジョーカー

だと思います。ただ、ヒースレジャーのジョーカーのインパクトが強すぎて

ジャレッド・レトがふざけてる悪役にしかみえなく少し残念でした。

 

第4位

「デッドプール」の画像検索結果

【デッドプール】

期待通りでした。久々のハチャメチャの主人公で笑えます。

相棒がコロッサスでチョイスが渋く、しかも活躍してくれました。

次回作はケーブルが参戦するみたいですので楽しみです。

 

第3位

「シビルウォー」の画像検索結果

【シビルウォー/キャプテン・アメリカ】

これだけ揃えばアベンジャーズですね。

豪華すぎるキャストと両チームのバランス、スパイダーマンのサプライズ出演

等見どころ満載でした。スパイダーマン・ホームカミングに続くアイアンマンとの

やりとりも楽しめる伏線があります。ソーやハルクといった強さの次元が違うキャラ

はお休みしてたので、競った攻防を繰り広げてました。

 

第2位

「スターウォーズ 3」の画像検索結果

【スターウォーズ・エピソード3】

一言で表すと『悲劇』です。アナキンの立場に立って見ると、また違う

映画になります。オビワンと最後の死闘は何度見ても胸を打たれます。

 

第1位

「ダークナイト」の画像検索結果

【ダークナイト】

初代ジョーカーのジャックニコルソンも素晴らしい完成度でしたが、

ヒースレジャーのジョーカーは完成というか、神がかってました。

ジョーカーが実在する人物ならこんな感じなのでしょうか。

この存在感と緻密に計算されたストーリー構成、クリストファーノーランの

演出、全てにおいてパーフェクトな作品だと思ってます。実写化のカテゴリー

等関係なくナンバーワンの作品です。

 

弊社では映画も不動産についてもお話させていただきます!

PAGE UP

single