札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2018年9月23日

気になる本を読んでみた スタッフブログ 高橋茂樹

高橋茂樹

皆さん「本」は好きですか?私は好きです。

ということで。本部企画室 財務・経理課 高橋が最近読んだ本について語りたいと思います。

81mkEfZ+1UL

出版社:アリス館  作:ヨシタケ シンスケ  そうだん:伊藤 亜紗

書店でよく見かける、この和む絵が特徴の絵本です。

対象年齢が4歳~ となっておりますが、読んでみると大人が忘れていた事を思い出させる素晴らしい作品となっております。

ネタバレを防ぐために、内容は割愛させていただきますが、普段気がつかない「当たり前」が実は「当たり前ではない」事に気がつきます。

学校を卒業し、社会に出て働き、毎日忙しい日々を送り、歳を重ねていくと人は経験値や学んだ知識・スキルまたは色々な社会情勢で考え方が変わっていきます。

しかし、この絵本を読むと、その考え方さえ「実は当たり前ではないのでは?」と読めば読むほど様々な角度で色々な事を見ることができると私は思います。

お子さんがいらっしゃる方は是非読むことをお勧めしますし、大人の方も恥ずかしがらずに手にとってみてください。

 

9784065117682_w

出版社:講談社  著者:河合 雅司

先ほどの絵本とうってかわって真面目な本です。

「2」があるということは「1」もあります(笑)

もう、随分と前から言われ、よく耳にする言葉「少子高齢化」についてわかりやすく書いてあります。

この本を読むことで今後、「どうしていかなければならないか?」 「何をすべきなのか?」を考えさせられる内容となっております。

本来は経済の本ですが、私は見方を変え「もしかしてこれはミステリーなのか?サスペンスなのか?」と思うほどです。

下記が本についている年表になります。

61l4buuUznL

 

 

 

 

 

 

 

*画像はあえて見づらくしております。

 

このブログを見て「そういえば・・・。」と思った方!

 

当社は総合力の不動産会社です。

・新しい部屋を探している

・戸建やマンションの購入、売却を考えている

・リフォームを考えている

不動産の事ならなんでもご相談ください。

当社の個性豊なスタッフがベストな提案をさせていただきます!

*ご希望にお応え出来ない事もございます。

 

 

PAGE UP

single