札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2018年1月31日

野菜をおいしく! スタッフブログ 新家麻衣子

新家麻衣子

いつも当社ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。総務・保険課の新家です。

寒い日が続きますが、皆様お体は大丈夫でしょうか。関東ではライフラインに影響が出るほどの雪と寒波でてんやわんやでしたね。インフルエンザも過去最高の流行と今朝のニュースでも言われていました。

ちなみに私の予防策と言えば、

①外出したら手洗いうがい(帰宅したら歯磨き)

②一日に一本必ずヤクルトを飲む

③体を冷やさない 適度な湿度を維持

④栄養をバランスよく摂る

これくらいです。というかこれ以上の事は正直お金もコストもかかるので、1人暮らしには無理です。

その中でも特に ④営業をバランスよく摂る は身近にできる体のメンテナンスですので継続的にやっていきたいですよね。

とはいえ、農林水産省HPに「食事バランスガイド」というのがあるのですが、これを満たすだけの食事はとても難しい…

そもそも一人暮らしで野菜を買うのは、ダメにしてしまうリスクが…

 

そこで2年ほど前から「冷凍野菜」を実践しています。

01

この時期はお鍋が美味しいですよね。

お鍋はたくさんの野菜やお肉が摂れるので、この時期にはピッタリなのですが…

とはいえ仕事から帰ってきてから、野菜を切ったりするのは正直面倒ですよね…

そこで、鍋に使う野菜を予めフリーザーバッグに詰めて冷凍してしまうのです!

キムチ鍋用にはにんじんとにらを増やして、ちゃんこ鍋にはしめじ…などなど。お鍋の種類によって違う野菜でまとめるのもコツです。

冷凍保存する野菜は茹でません。生のままでフリーザーバッグに切って、空気を抜いて冷凍庫にイン!これでOK!

これならズボラな私でもできます。

鍋以外にも、野菜炒め用や煮物用など、用途によって使う野菜を切って冷凍しておくのも便利。

すぐ痛む生野菜も、冷凍すれば長期間保存が可能になるので、ダメにしてしまう事もなく「そろそろ傷んできたから、何かに使わなくちゃ」と献立に悩む必要もなくなります。

03

「野菜を冷凍しちゃうとおいしくないんじゃない?」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、一度冷凍した野菜は解凍しても元には戻りませんから、みずみずしさや歯ごたえを楽しむサラダなどには冷凍野菜は向きません。水が出てびちょびちょ、ぐにゃぐにゃな食感になってしまいます。

ただ、加熱調理することを前提にすれば、こんなメリットもあります。

①一度冷凍すると野菜の細胞が多少壊れるため、下味をつけておくと、中まで味が入りこみやすい

②下ごしらえがすんでいるので、使うときに、調理時間が短縮できる。

とくにお鍋や煮物などの調理だと、野菜に味がしみ込むので美味しくなるんです!

また、栄養は生のまま…とまではいきませんが、野菜を野菜室で保存しておくよりも、新鮮なうちに下ごしらえをして冷凍したほうが、摂取できる栄養価は高いとのこと!

 

時短な上に美味しいものが食べられる!

栄養もたくさん摂取できる!

そんな「冷凍野菜」 皆さんも実践してみてはいかがでしょうか!

 

 

地元の情報や周辺の環境についても詳しいスタッフがたくさんいます。

売買・賃貸からリフォームや保険まで!

お住まいの事なら何でも、札幌宅商にお任せください☆

PAGE UP

single