札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2017年11月4日

間違ってた! スタッフブログ 須藤拓生

須藤拓生

当社HPをご覧いただきありがとうございます。
IT課の須藤です。

つい先日まで「穿った見方」という意味を「ひねくれている」とか「偏見的なものの見方をしている」という意味で使っていました。
ふと意味を調べてそれが誤用だと知りました!
本来は、「深堀りして、物事の本質を捉えている見方」だそうなんです!
全く真逆の意味ですね!
本来の意味と違う使い方がされていたり言い間違えが多い言葉は結構あったりします。

………誤用編…………

【敷居が高い】
×高級過ぎたり上品過ぎたりして、不相応な場所で入りにくい
○相手に不義理などをしてしまい、行きにくい

【失笑】
×笑いも出ないくらいあきれる
○こらえ切れず吹き出して笑う

【潮時】
×ものごとの終わり
○ちょうどいい時期

【話のさわり】
×話の最初の部分
○話の要点

………書き間違え編…………

【シュミレーション】
本来はシミュレーション

【ボーリング】
スポーツはボウリング、ボーリングは穴を穿つこと

【ゲージ】
ハムスターを入れる入れ物はケージ
ゲージは計測器

 

 

何個間違えてましたか!?

PAGE UP

PAGE UP

single