札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2017年5月1日

スタッフブログ 札幌宅商

札幌宅商

みなさん最近、歯医者さんに行ってますか?

image002

お恥ずかしながら河邊、1年ぶりに行って参りました。

 

人間、四十路を越えると何かと身体に不具合が生じてきます。

 

その現象のひとつに「お口のトラブル」がございますが、もれなく私もトラブルに巻き込まれておりました「歯周病」という名のトラブルに。

 

ちなみに歯周病とは

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも多い歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。また、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病など様々な大病につながる原因と判明しているそうです。

 実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれており、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。

 

その病は別名「サイレントキラー」とも言われ、静かなる殺人者という清々しいほど最悪な異名を持ち合わせている細菌集団なのです。

image004

そのサイレントキラーは静かに、しかも確実に私の歯や歯茎を痛めつけており、その集団によって顎の骨が少しずつ溶かされ、そのまま放っておくと顎の骨もろとも多くの歯が瓦解するところでした。

レントゲン+デジカメ写真を元に歯科医さんからインフォームドコンセントを受ける訳ですが、まずは皆様に私の病状をご説明させて頂きます。

「歯周病+いまさら伸びてきた親不知+隠れ虫歯+詰め物&被せ物の劣化」等々、そうです、口腔トラブルの総合商社でした。

 

そもそも何故ここまで酷い状態になったのか、もちろん一義には不肖河邊の不徳の致すところなのですが、じつは今回の歯医者さんを受診するまでの数年間、別の歯医者さんへ定期的に通っておりました。

 

当然ですがその歯医者さんを信用して数年通っていたのですが、今回予約が取れず、たまたま新しく出来た歯医者さんへ行ってみたことで幸運に恵まれました。

 

今までの歯医者さんでは見抜けなかった様々な症状をこの歯医者さんは見つけ、そして新しい治療方法を金額の多寡に関わらず包み隠さず教えてくれたのです。

 

幸い痛み強く、歯の治療に怖さを感じない性分のため、迷うことなく完治への道を選びました。

 

皆様もご存じの通り、治療には「保険診療」「自由診療」「混合診療」の3つがあり、多くの方がそうだと思いますが、私も基本的には保険適用内での診療を受診しておりました。

 

ですが、今回の河邊は覚悟が違います。

 

敢えて自由診療という荊の道を選んだのです。

そうです。

本当に荊です。

高いです。

お財布に厳しいです。

生活に支障をきたすレベルです。

※総額・○○万円。

 

ですが先生にこう言われました。

 

「確かに治療費は高いですよね、でも歯1本の価値をご存知ですか?

1本、約100万円(28本×100万=2,800万円!!)の価値があると言われています。それを考えれば今回の治療で大切な歯を維持、若しくは代替できるのであればその価値はあると思いますよ。それとも入れ歯にします?」と。

 

先生のクロージングにまんまと心を動かされ「最低限の治療ができれば良い、安いに越したことは無い!」と安易に考えていた私も心を改め、耐えるべき痛みなんだと治療費について快諾することに致しました。

 

最終目標は

 

白く、輝く綺麗な歯を目指します!(ホワイトニングも検討中です)

image005

折角ですから皆さんも歯周病のチェックをしてみましょう!

1:歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する

2:口臭がするようになった

3:口の中がネバネバする

4:歯茎(歯肉)が腫れている

5:歯茎(歯肉)が赤、紫色になった

6:歯茎などから膿(うみ)が出る

7:硬いものを噛むと痛い

 

どうですか?皆さん。

あてはまる事が一つでもあれば迷うことなく歯医者さんへ行きましょう!

 

歯に関することは歯医者さんへ、不動産に関することは札幌宅商へ!

 

「賃貸・売買・管理・保険・リフォーム」と不動産に関することはすべて取扱っております!また、販売が好調につき売却物件を多数募集しております。

 

無料で査定(土地・戸建・マンション・収益物件)をおこなっておりますので、まずはお気軽に「札幌宅商」までお問合せください!

PAGE UP

PAGE UP

single