札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

スタッフブログ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2014年3月31日

自宅の住替え スタッフブログ 札幌宅商

札幌宅商

こんにちは
本店の大出(おおで)です。
毎度ながらスタッフブログ(スタッフダイアリー)をアップするたびに我が家での出来事ばかり書き連ねて芸がないなーと思いつつやはり今回も、大出家の話です。少しだけお付き合い下さい。

今の家は10年以上住んでいて築年数は古めですが住み心地のよい自慢の住まいです。
仕事柄元々、安めの家を買って早めに買い替えをしようと思っていました。
私が、住宅ローンを組めるうちにという前提で。

そして、私も去年晴れて40代の仲間入りをしました。
40歳の記念に(!?)買い替えを決断することにしました。

ただ、今、具体的に欲しい家がありません。
まず持家を売却し賃貸に引っ越します。そのうち希望の家が見つかれば購入するという計画です。

一般的な話になりますが、買い替えに伴う不動産売却のポイントは持家 の売却時期と購入時期の調整をどうとるかというところです。
おおまかには下記の①〜③からどの方法が本人にとって適しているのか判断していくことになります。

①売却と購入を同時に進める
売却、購入のタイミングがシビアですがうまくいけばもっとも効率的です。
持家の買主探し、持家の引き渡し、新居の入居すべてのタイミングが合致していないと成立しません。

②売却を先に進める
売却が確定してから新居を検討できますので資金計画を立てやすくなります。
但し、売却を先にしますので新居が見つかっていない、もしくは新居入居の調整がつかなければ賃貸に一時的にでも
引っ越さなくてはいけない可能性が出てきます。

③購入を先に進める
住替えのタイミングを計る必要はなくじっくり新居を選べます。
但し、持家の住宅ローンがある場合、持家の売却代金を新居の購入代金に充当する場合は③のパターンを選択できな
い場合もあります。

私の場合は、住宅ローンの残債があり、今購入したい新居も今のところ具体的にはないので②を選択しました。

以上のように持家を売却し新居を購入する場合、思いのほか順序、タイミングが重要なことが多く、既存の住宅ローン残債の有無、新居購入の資金調達の方法(自己資金、住宅ローン、持家の売却代金の充当)、持家の売却代金など買い替えには様々な要素を勘案し方法を考えていかなくてはいけません。

もし、買い替えをご検討でしたら、是非当社までお気軽にご相談ください。
まだ私は買い替え現在進行中ですが、私の経験も踏まえながら誠心誠意対応させて頂きます。

2014年3月8日

スタッフダイアリー 145回 スタッフブログ 小川明徳

小川明徳

当社ホームページをご覧いただき誠に有り難うございます。
今回スタッフダイアリーを担当する本店小川と申します。

スタッフダイアリーご覧いただきありがとうございます。
毎度の沖縄ネタはさすがにみなさんは飽きていると思いますので違う話にしたいと思います。

4年に一度の冬季オリンピックが無事閉幕いたしました!
(ロシアだったのでテロが怖かったですよね!?)

時差が-5時間!LIVEで観るとさすがに寝不足になり終わるのが朝方で毎日シンドイ。
でもやっぱりオリンピックはいいですね。
冬季は道民が活躍する競技が多いので応援の熱も上がります!

感動的なシーンも多数ありました。
カーリングの北海道銀行さんやスキージャンプの土屋ホームさんなど、
選手とはお会いすることはありませんが、取引先ともあり親近感が沸いてきます。
(レジェンド葛西選手!41歳!すごいの一言!総合順位も3位と年間王者も夢ではない!)

残念なのは、高梨沙羅選手・・・メダルの期待も大きかったのでプレッシャーがかかってしまったのでしょう。
まだ若いですし、次のオリンピックに期待しましょう!

浅田真央選手もかっこよかったですよね!?
成績は残念でしたけどフリーは最高の演技でしたし、浅田選手しか飛ばないトリプルアクセルも果敢に挑む姿はとても素晴らしい!
何事にも果敢に挑むことは美しく勇ましく、挑戦をすることをやめた時点で衰退の原因と思います。

私たちの仕事も新しいことに果敢に挑み挑戦することが大切です。
札幌宅商(株)の誇りを持ちあきらめることなく日々の仕事に誠意に取り組みたいと思います。

2014年2月27日

スタッフダイアリー 第144回 スタッフブログ 札幌宅商

札幌宅商

当社ホームページをご覧いただき誠に有り難うございます。
今回スタッフダイアリーを担当する北支店の河邊(かわべ)と申します。

去年の11月、慰安旅行として全社員で沖縄へ三泊四日の旅へ出てまいりました。
ですので、すでに幾度かスッタフダイアリーに書かれて食傷気味の方もおられる事と存じますが、敢えていきます、沖縄ネタを。

いつもの様に写真を撮りまくりましたので少々お付き合い下さい。

私は今回の沖縄入りが人生初沖縄で、見たことのない南国の風景を非常に楽しみしている部分と、周りの人たちから聞かされる『食事』の評判が少々気掛かりではありました。
が、しかし不安とは裏腹に食事は美味しく、苦手と思っていた泡盛もこれまた美味しく大変満足のゆくものでした。
下の写真は沖縄でお邪魔した居酒屋の食事風景と、斬新なネーミングのビール、そして飲みまくった泡盛。
144-01.jpg

お次は2日目にいった『ベルビーチゴルフコース』から
144-02.jpg

このゴルフ場はあの女子プロゴルファー『宮里 藍さん』のホームコースで、ほとんどのコースから沖縄の青い海が望める素晴らしいロケーションのゴルフ場でした。この他にも沖縄国際ゴルフコースでもラウンドさせてもらいましたが、そちらも素敵なロケーションでした。※スコアは敢えて割愛させて頂きます。

3日目にいった皆さんご存知『美ら海水族館』
144-03.jpg

とにかく人、人、人でエライ込み合っていましたが、今まで見た水族館のなかでNO.1のスケールと充実度でした!そして実は私、美ら海水族館が『国立』だということを知りませんでした・・・いい仕事するねぇ日本!

次は『万座毛(まんざもう)』の奇岩と海岸
144-04.jpg

恩納村にある万座毛は(毛とは草原のこと)琉球王朝時代、尚敬王が「万人を座するに足る」と賞賛したことが名の由来と言われているそうです。断崖の突端が象に似ていることで有名な場所です。何とも不思議な風景ではありましたが、室蘭出身である私は無駄に対抗心を燃やし、地球岬やトッカリショだって負けてない!と心の中で思うのでありました。

こちらは沖縄北部にある『古宇利島(こうりじま)』でみた夕焼けと古宇利大橋
144-05.jpg

この島は船に乗らず、沖縄本島より車で渡れる小島なのですが、どうしたものか到着するまでに道に迷い、30分ほどで着くはずが、倍の1時間もかかってしまい、着いた時には日没時・・・結果的に夕焼けが見られて良かったのですが、到着しても暗くて何にも見えないのでは!?と内心ドキドキしていました。

何もこの旅行遊んでばかりではございません、しっかりと沖縄の辛く悲しい歴史も学んできました。
左は『沖縄県平和祈念資料館』と、右は『ひめゆり平和祈念資料館』
144-06.jpg

本当にあった過去の凄惨な事実を突き付けられて暫し沈黙・・・軽々しい言葉では言い尽くせないものでした。戦争でお亡くなりになられた全ての方々にご冥福をお祈り申し上げます。

ガラリと話しは変わって、沖縄旅行最後の夜に社員全員で宴をおこなうことになっていたのですが、その前に少し時間があったので、那覇市内にある国際通りという観光地でプラプラと散歩を楽しんでいた時の写真です。
左は『チラガー』というお豚様のご尊顔、真中は『爆乳貴族』と書かれた紳士、右は『オコシテ』Tシャツ
144-07.jpg

全員が集まり、当社社員のS氏のバースデーを祝い、ドンちゃん騒ぎで沖縄ナイツは更けてゆきました。
144-08.jpg

沖縄を離れる最後の日は飛行機に搭乗するまでの限られた時間を最大限利用して数々の場所を見ましたが、そんな中でも河邊が旅行に行って欠かせないのが『城』。そう沖縄と言えば世界遺産の『首里城』です。
144-09.jpg

当然なのでしょうが、とにかく人が多い・・・しかも修学旅行生が。どうせ興味ねぇ〜んだろうし、どっか行ってくんねぇ〜かなぁ・・・と心の中で毒づきながら大量の若者たちに囲まれていたらアッという間に見学終了。思っていたより小さいのね、首里城。でも琉球王国時代の片鱗を垣間見ることができて幸せでした。

最後のご紹介は『沖縄ワールド』
144-10.jpg

なにせ時間がなかったので、全長約500メートルもある巨大な鍾乳洞『玉泉洞』を見るのが精一杯でしたが、他にも『ハブショー』や、沖縄の伝統芸能『エイサー』などなど見たい催しは沢山あったのですが、今回は時間の都合上、全てを堪能することは叶いませんでしたので、またの機会にお邪魔したいと思います。
※写真左上から11月の沖縄に咲く『ハイビスカス』、どうして作った『ハブカレー』、玉泉洞の地面から伸びる『鍾乳石』、街のあちこちにあって色んな意味で期待され過ぎの守り神『シーサー』

そして楽しい時間はアッという間に過ぎてゆくもの・・・三泊四日の社員旅行in沖縄は幕を閉じるのでありました。
144-11.jpg

ほかにも沢山見聞きしたことをお伝えしたいのですが、キリがないので今回はこの辺でお開きとさせて頂きます。
色々な方に『今どき社員全員で旅行行けるなんて凄い会社だね!』と言っていただけましたが、自分でも本当にそう思います。お客様、社長、専務、スタッフのみんなに心から感謝です。
また今年も頑張ってみんなで稼いで旅行行こうね!!

最後まで駄文にお付き合い頂き、誠に有り難うございました。

2014年2月27日

スタッフダイアリー 第143回 スタッフブログ 秀哲算

秀哲算

2014年度 札幌宅商サッカー男祭り!

弊社のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。
コンサルティング事業部の算です。

以前より内々ではありましたが、当社には「宅商FC」というサッカー同好会があり、少人数で活動をしておりました。
先日、本年度の初蹴りをして来ましたが、なんと社員の半数以上が同好会に加入し大賑わいでサッカーをしてきました。
143-1.jpg

しかも、念願だった美人マネージャーが加入!
143-2.jpg

しかし、私はというと、前日練習で左足親指の爪が剥がれてしまい、まさかの故障者リスト入り。
(この世とは思えないグロテスクな場面の為、写真は控えさせて頂きます。)

友達である「ボール」を、家族のような「仲間」で蹴り合う。
時には激しく、時には笑い合い、みんなの意思を一つにし、ゴールへ向かう。
サッカーには、お金では買えない価値がある。プライスレス…。
143-3.jpg

「宅商FC」は、本格始動して参ります。
対戦相手も随時募集しておりますので、お気軽にご連絡下さい!
申込連絡先 「宅商FC GM兼広報 算(カゾエ)」まで

尚、本業の売買・賃貸・管理のお仕事依頼も随時受け付けております!
不動産業務連絡先 「札幌宅商(株) 資産運用課 副部長 算(カゾエ)」まで

2014年2月27日

スタッフダイアリー 第142回 スタッフブログ 札幌宅商

札幌宅商

資産運用・管理課の坂上です。

今、物凄く後悔している事があります。
それは、これ↓
142-1.png

ユーロが90円台だった時、なぜ買わなかったのか…
きっと儲けた人もたくさんいるんだろうなぁ…

為替は読めませんでしたが、不動産投資はお任せください!
と言っても、説得力がないかもしれませんね…
しかし、買わなかった事を後悔する程、悔しい事はありません。
価格はお気軽ではありませんが、相談はお気軽に。

そして、今年最後の運試し。
それは、これ↓
142-2.jpg

念のためお伝えしますが、私、ギャンブルマニアではありません。
オルフェを買うか否か…
オルフェを買う人=不動産投資向きだと思います。
それ程、不動産投資は鉄板勝負だと個人的には感じているのです。
しかし、今年は夢を見ちゃおっかなぁ〜などと万馬券を狙うと、ゴール前のドキドキすら味わえずに終わってしまうかもしれませんね。

投資とギャンブル並べて論じるのは、良くないですね。
申し訳ございません。

いずれにしても、楽しむ事が重要です。
不動産投資の楽しみ方は、個別にご相談ください。

では、良いお年を。

Page 187 of 194« 先頭...50...185186187188189...最後 »

PAGE UP

category-blog