札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

スタッフブログ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2013年7月18日

スタッフダイアリー 第113回 スタッフブログ 小川明徳

小川明徳

本年度より本店に戻ってきました入社13年目を迎える小川明徳です。

WBC日本の3連覇の夢は惜しくも叶いませんでしたが、久しぶりにガチンコ野球をみて興奮しました。(さほど野球詳しくないので・・・)

2月に支笏湖の氷濤まつりと層雲峡の氷瀑祭りにいってきました。
(繁忙期の忙しい合間を見計らって。。。)初めての支笏湖・氷濤まつりでしたが思ったほど寒くなく氷の透明感や迫力に感動しました!(写真がないのが残念ですけど。)
年がいもなく子供達にまざり氷の滑り台ではしゃぎ筋肉痛に・・・
帰りには大正4年創業の丸駒温泉に浸かってきました。露天風呂が支笏湖と繋がっていて湯加減調節は湖の水で原始的で笑えました。身も心もほかほかになり満足して帰宅の途につきました。

さてさて、層雲峡の氷瀑祭りは凄かった!
113_1.jpg
113_2.jpg
写真では伝えきれないほどの感動と迫力です。

支笏湖はマイナス6℃でしたが、天気が良かったので暖かく感じましたが、層雲峡の夜は凄かった!マイナス15℃!!天然のダイアモンドダストも初めて観ることができ、はしゃぎました。ホッカイロを3枚使い完全防備のおかげで乗り切り、楽しい日を過ごせました。ホテルも掛け流しの温泉で気持ち良かったですね。

行ったことのない方は是非一度足を運んでみてください。なまら素敵ですよ。
HPによると、氷瀑祭りは3月末日までやっているようです。

札幌宅商もなまら素敵に日々皆様に感動を届ける為に頑張っていきます。

2013年7月18日

スタッフダイアリー 第112回 スタッフブログ 札幌宅商

札幌宅商

当社ホームページをご覧頂きありがとうございます。
販売仲介課の 林明人 と申します。
スタッフダイアリーを担当するのは初めてで、少し緊張しております。

さて、今日は住宅ローンについて少しお話させていただこうかと思います。実は、札幌宅商に入社する前に金融機関に10年程勤務しておりまして、ローンの仕組みについては、多少詳しいかと思います。

よく、「住宅を購入するということは人生で一番の大きな買い物である」と言われますが、せっかく、住宅を購入すると一大決心したにも係わらず、住宅ローンの審査で否決となってしまっては元も子もありません。

住宅ローンの審査で重要な基準で、「年齢」「年収」「勤続年数」「信用情報」「担保評価」等がありますが、中でも重要な「年収」と「信用情報」についてご説明させていただきます。

「年収」については、前年度の税込み年収が200万円以上等という基準がどこの金融機関でも多いと思われますが、正社員で働いていればほとんどの方が基準をクリアーされると思います。問題は自営業者の方です。自営業者の方は売上があってもその分経費を計上するため、所得金額が低くなっているケースが多く見られます。また、審査する金融機関は審査書類として確定申告書を2〜3年分徴求し「売上」、「所得金額」が安定して推移いるかも確認します。それは、一般的に自営業者は業況が不安定であると認識されているためです。業況が安定していないとその方の信用度が低くなってしまいます。自営業者で住宅ローンを検討されている方は、2〜3年業況を安定させてから申込まれることをお勧め致します。

次に「信用情報」についてでありますが、これは非常に重要です。なぜかというと、例えば年収が1,000万円の方で現在借入しているローンの返済状況が悪い(延滞等)方と、年収が350万円で現在借入等がない方とを比べた場合、年収が1,000万円の方が申込んだ住宅ローンが否決になり、年収350万円の方が審査を通過するというケースもあります。現在何らかのローンがある方で、これから住宅ローンを考えている方は、絶対にローンを延滞してはいけません。1日でもです。何らかの理由で1日でも延滞してしまうと、その延滞履歴は長いもので数年は消えません。破産等の法的整理をしている方も同様に審査が難しいと思われます。

最後に、今回のスタッフダイアリーをご覧になり、「以前住宅ローンを申込んだものの否決となってしまった」、「債務が何口かあり住宅ローンをあきらめている」等といったローンで悩んでいるお客様がおりましたら、私に一度ご相談下さい。金融機関の中には、連帯保証人や不動産担保(購入する不動産以外の)の付保を条件に検討してくれる金融機関や、何口かの負債をおまとめし、尚且つ住宅ローンも検討してくれる金融機関もあります。(その分ローン金利は高めに設定されておりますが)

2013年7月18日

スタッフダイアリー 第111回 スタッフブログ 札幌宅商

札幌宅商

思ったより早くスタッフダイアリーの順番が回ってきた感のある私、河邊(カワベ)が今回は担当させて頂きます。

まずはこれ↓
111_01.jpg

うちの短足犬(コーギー)です。意味なんかありません。ただ短足を見せたかっただけです。

さぁそんなことはさて置きまして、本年の1月下旬に会社の厚意により、大阪へ研修の一泊二日の旅へ出かけて参りました。

まぁ難しいお話しは割愛させて頂くこととして、行った先々の写真を徒然なるままにご紹介させて頂きます。

最初はこれです↓
111_02.jpg

宿泊先の『ホテル ザ・リッツカールトン大阪』です!

当社社長のご配慮により、折角大阪に行くのだから貴重な体験の一つとして、本物の『ホスピタリティ』を実践するホテルへ泊まってみよう!ということで上記の高級ホテルのリッツカールトンへ宿泊させて頂きました。
111_03.jpg 111_04.jpg

内外装の豪華さ、料理の美味しさ、アメニティグッズ等の充実もさることながら、スタッフの笑顔や言葉のセンスに感心するところが多くありました。
残念ながら滞在時間が短かったこともあり、この場で多くを語れるほどリッツカールトンを満喫できなかったのは非常に惜しい所ではありましたが、今度はプライベートで是非、宿泊したいと思っております。

翌日は早朝にリッツカールトンの美味しい朝食を頂いたあとに、コンサルティング会社の方と30分ほど打合せをし、早々にホテルを後にしました。

その後は当社社長プロデュースによる大阪観光の始まりです・・・

では先ず手始めに↓
111_05.jpg 111_06.jpg 111_07.jpg

大阪の代名詞の一つ『通天閣』、周辺の新世界100周年記念コラボレーションでなぜかキン肉マンミュージアム(等身大のキン肉マンとロビンマスク像)が開催されていました。
高所恐怖症の河邊としては、あまり心弾まない場所ではありましたが『記念、記念』と念仏のように心で呟いてその場をやり過ごしました・・・

お次は↓
111_08.jpg

河邊の大好物お城めぐり 『大阪城』 でございます。

時間の都合上、かなりの駆け足で鑑賞したため正直記憶が曖昧ですが・・・
おまけにスマホの電池が切れて写真がほとんど撮れず仕舞いの二重苦に見舞われました。残念、またの機会に会いしましょう!『大阪城』殿。

そして小腹も減ってきたところで
111_09.jpg 111_10.jpg

観光コース定番の道頓堀にてお好み焼きを満喫してきました!旨うまです♪
大阪ではお好み焼きが出来上がるまでに時間がかかるので『トン平焼き』というスライスした豚肉数枚に目玉焼きをサンドした薄いお好み焼きのようなものを待っている間に食べるのがスタンダードらしいです。ごちそうさまでした。

道中に見つけた病院の看板
111_11.jpg

さすが大阪!捨て身のネーミング。

そして観光の最後は
111_12.jpg

笑いの殿堂『なんばグランド花月』でお土産を購入しました。
うわさの『面白い恋人』も購入。奇しくも時期を同じくして、我が札幌を代表する石屋製菓と係争中だった問題も『和解』したようで・・・良かったね吉本興業さん。
その日はダウンタウンの松ちゃんと浜ちゃん?が館前で観光客に色々なサービスをしていました。ここも残念ながら時間の都合上、新喜劇などのライブを目にすることが出来ませんでしたので、また是非プライベートで来たいと思います。

以上が駆け足で観光させて頂いた大阪の風景でした。
正直、大阪の街の中は『ガヤガヤ』しているイメージだったのですが、さすがに全員がテレビのお笑い芸人のようなこともなく、逆に都会の洗練された場所が多かった印象でした。またいつかプライベート旅行でゆっくりと大阪を満喫したいと思います。
そのためにも今年一年仕事に精を出して、旅行を心から楽しめるように、気持ちと身体の準備を整えたい思います。

長くなりましたが、最後に
111_13.jpg

嫁の実家から切り分けた『桜の枝』を我が家の花瓶に入れて一週間ほどしたところ、
この真冬に桜の花が咲きました!
ここのところ気温も氷点下が続き、雪の積もった寒々しい景色の中、淡いピンクの桜の花が自宅に咲くと何となく心が暖まり、この花のように一所懸命に与えられた場所で頑張って今年もやって行こう!という気にさせてもらいました。

皆様にも早く暖かい陽射しと、景気が降り注ぐことをご祈念して河邊のスタッフダイアリーを終了させて頂きます。
最後までご覧いただき有り難うございました。

2013年7月18日

スタッフダイアリー 第110回 スタッフブログ 秀哲算

秀哲算

お待たせ致しました。
札幌宅商の科学検証大好きの算です。
毎度、私のスタッフダイアリーを熟読して頂き、ありがとうございます。
その反面、皆様の純粋で少年の様な心を汚してすいません。
今回は、「キャプテン翼」を検証して欲しいとの依頼がありましたので調査しました。

〜物語〜

サッカーが大好きで「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼の活躍を描く成長物語。第1作目は、1981年に誕生しました。
現在は、スペイントップチームの「バルセロナ」でプレーしております。

検証1 人間離れ①

有名なのが、大空翼のシュートがネットを突き破るシーン。
調べた結果・・・。
時速 5900㎞(マッハ4.8)
新幹線の20倍の速さです。
大体、稚内からボールを蹴って30分後に石垣島に到着する感じです。

検証2 人間離れ②

相手選手が、ゴールエリアからシュートを放ちました。
キーパーは、完全に逆を突かれましたが、ゴールポストを蹴って逆へ飛んでセーブ。
検証しました。
ゴールエリアからゴールまでの距離は10m。
成人男性のシュートは、およそ秒速30m=時速108kmみたいです。
ボールがゴールに突き刺さるまで0・35秒。

ちなみに、人間が外界の刺激に反応してから行動を起こすまで、最短でも0・2秒かかる。これは、感覚器官が受けた刺激や大脳からの命令が神経を伝わるのに要する時間であり、鍛えても短縮することはできない。
つまり、0・15秒でポストを蹴り、逆方向に飛ぶ。
これには、どれほどのスピードが必要か?

ゴールポスト間の距離は7m8cm。左に向かって走ってきたキーパーは、ジャンプしてゴールポストを蹴り、全身を躍動させる。身長を1m80cmとすれば、そこから5m28cmジャンプすることによって、ゴール右隅のボールに手が届く。このとき、キーパーがポスト上で腰を60cm落とすとすれば、ジャンプ動作に0・02秒費やすことになる。残った0・13秒で5m28cm飛ぶための速度とは、時速180km。
ちなみに、キーパーの体重を70㎏とすると、この瞬間に発揮した筋力は15t。
ボールを蹴るのに同じ脚力が発揮できるとすれば、ボールの速度はマッハ1・2、最大飛距離は17kmとなる。

大体、JR「さっぽろ駅」から「江別駅」まで。
そして、時速180kmのジャンプ力があれば、ボールがゴールに飛び込む前に
ゴールの反対側に到達することはできる。
地球上生物では、不可能です。

おまけ

サッカー少年なら誰もが、子供の時に「キャプテン翼」の必殺技を練習しました。
私がチャレンジした必殺技を紹介します。

雷獣シュート

日向がお約束の沖縄特訓で開発した新必殺シュート。地面をわざと蹴る事により反動をつけてシュートの威力をますらしい。キーパーの手前で何故かホップする。
ソフトボールの「浮き球」に近いシュートです。
これは、危険です。練習中に何人も友人が捻挫しました。

ツインシュート

キャプテン翼三大必殺技の一つ。同じくらいのキック力を持った二人が同時にボールを蹴る事により不規則な回転がかかりボールが分身するというすさまじいシュート。
これも危険!失敗して、相方の足を蹴りあげました!

スカイラブハリケーン

キャプテン翼三大必殺技の一つ。一人が仰向けに地面をスライディングして踏み台になりもう一人が相手のスパイクの上に乗っかりタイミングを合わせてジャンプして空中からヘディングをかますと言う技。人一人を踏み台にした事と二人のジャンプ力が合わさった事で3M以上の高さにまで到達する事が可能で空中戦では無類の強さを発揮する。
またまた危険!
まず、スパイクの上に乗れずヘディングすら成功しない技です。

明和スライディングタックル部隊

吉良監督の指導の元、みんなでスライディングタックルをかましてボールを奪いにいくというアグレッシブすぎる戦略を実行する。
試合中、ディフェンダーキャプテンの合図で、5人ぐらいが一斉にスライディングをしたことがあります。
本来なら、全員レッドカードです。
もちろん、試合後に監督から説教されました。

如何だったでしょうか?
自分で調べてても、凄い懐かしかったです。
是非、会話のネタにしてもらえればと思います。
また、私自身も未だにサッカー少年をしております。
様々な方とサッカーを通じて「友達」になれればと思います。

2013年7月18日

スタッフダイアリー 第109回 スタッフブログ 札幌宅商

札幌宅商

宅商周辺ランチグルメ情報!!

① 牛吉
ジャンル:ハンバーグ
グルメ度:★★★★★
満腹度 :★★★★★
お得感 :★★★★★
炭焼きでじっくり焼かれた大俵ハンバーグ 私的にはNo1ハンバーグです。

② コション
ジャンル:定食
グルメ度:★★★★☆
満腹度 :★★★★★
お得感 :★★★★★
最近少なくなった定食屋さん いつもは日替わりを頼むけどオムライスもおすすめ。

③ 一鶴
ジャンル:ちゃんぽん
グルメ度:★★★★☆
満腹度 :★★★★★
お得感 :★★★★☆
ちゃんぽんって馴染みがなかったけどここで食べてからはやみつきに。

④ たおか
ジャンル:油そば
グルメ度:★★★★★
満腹度 :★★★★★
お得感 :★★★★★
夜遅くまでやっているのがうれしい 毎日でも食べられます。

精神と肉体が極限まで削られる毎日、私を癒してくれるお店達です。
他にもたくさんの名店が、宅商周辺にはありますが書ききれませんでした。
機会がありましたら、私と一緒にランチしませんか?

Page 189 of 191« 先頭...50...187188189190191

PAGE UP

category-blog