札幌宅商株式会社

お問合せはコチラ

当社スタッフの日々の出来事を紹介します

2017年12月18日

sin☆歴史へGO 4th 「日の本一の兵」 スタッフブログ 大野翼

大野翼

いつも当社のホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。

今回は賃貸3課、大野が担当させて頂きます。

歴史にはロマンがあり、生きていくうえで教訓になるものが多いです。

第4回は、大坂の陣について取り上げたいと思います。

大坂の陣についてですが、

download

大坂の陣は江戸幕府に従わない豊臣家と江戸幕府(徳川家)との対立が表面化し、冬と夏に行われた合戦のことです。

 

結論として、この合戦で豊臣家は滅亡し、江戸幕府が統治する平和な時代へと移っていきます。

大坂の陣を説明するにあたって、外すことのできない重要な人物がいます。

それは昨年大河ドラマの主役になった真田信繁(幸村)です。

images

真田信繁はこの2つの合戦において、高い忠誠心と優れた武勇によって、

後に「日の本一の兵」と呼ばれるようになります。

 

信繁は、関ヶ原の戦いで西軍についたため、終戦後高野山に幽閉され、世間と一切の関わりが全くない生活をすることになりますが、ただ彼は、幽閉期間に様々な兵法書や武芸を磨いており、いつでも俗世へ戻れる準備をしていました。

 

大坂の冬の陣が起こる前に、信繁は豊臣家に迎えられます。そして冬の陣の講和会議が始まった時に、徳川側へ寝返りを求める使者が来ますが、信繁は主君、豊臣秀頼に恩があると言い、国をもらっても寝返ることはないと言ったそうです。

 

その後、夏の陣では唯一、徳川家康のいる本陣へたどり着き、真田隊のあまりの凄まじさに、家康を追い詰め自害まで考えさせたという話はとても有名です。

 

以上で、今回の説明はこれで終了です、最後に教訓を述べさせていただきます。

 

 

【人間は一度地に落ちても、その後の行動や姿勢次第で、いくらでも再起できる

諦めなければ、いつか必ず結果はついてくるもの】

 

 

お部屋探しは札幌宅商へお任せください。

賃貸・売買・管理・リフォーム・保険等に関することを承っております。

皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 

PAGE UP

single