───札幌宅商に入社した理由は?

氏家 本当はスポーツ関連の企業に就職したいと考えていましたが、興味本位で行ってみた一般企業の説明会で 札幌宅商の説明会があり、そこで話を聞いて、ここで働いてみたいと思い、決めました。

大野 私も札幌宅商の説明会で会社の話や会社が地域に根づいて地域貢献をしていきたいというのが強く伝わってきました。 私は法学部だったので、大学で学んだ知識が使える仕事として不動産業界に興味を持ってました。 また、子供の頃から人の役に立つ仕事についてみたいと考えていたので、不動産業は人に多く関わる仕事ですし その中でも札幌宅商は「人」を大事にする会社なんだと感じたので、決めました。

───入ってみてからギャップを感じたことは?

大野 思った通りの会社だなと感じましたので、ギャップは特に…。仲間やお客様をすごく大事にしてる会社と感じてます。 細かいことでもお客様に連絡を取ったり、色々なイベントを開催して会社の仲間と交流する機会やリフレッシュする機会を作ってくれたりして感謝してます。

氏家 最初はもっと不動産業界は怖いイメージがありました。 優しいのは説明会だけで、入社後は体育会系と言いますか、とても厳しいイメージを持っていましたが、 皆優しく教えてくれて、ダメなところは的確に丁寧に教えてくれます。 しっかりと日々成長させてもらっていると感じています。

Mutuki Ujiie

───楽しいことややりがいを感じていることは?

大野 今はまだお客様と接する機会があまりないですけど、お客様と触れ合うときが楽しいですね。 物件に何度も足を運んでしっかりとお客様に説明が出来て、喜んでもらえた時とか凄く嬉しいです。

氏家 お客様に何件かの物件をご案内している際、お客様の目が光る瞬間が凄く嬉しいです。 私が選んだ物件を「凄く良い!」と喜んでもらえることにやりがいを感じています。

───同期の雰囲気は?

氏家 同期は今8人いて、みんな僕より年上で、新卒は僕と大野さんだけで。 そんな中で僕が負けたくないなと感じているのは、小林さんなんです。 小林さんは、入社した当日からもうみんなと打ち解けてました。 凄くハキハキしてて爽やかで僕に持ってないものを持っている人だなって感じました。 でも小林さんも今年から一から不動産業をやっているので、絶対に負けたくないと思ってます

同期会は今年既に2回やっていて、仲は良いと思っています。 生嶋さんも新しく入ったので、今年中にもう一度やりたいですね。

大野 私は同期の中で一番劣っていると感じています。 目標にしているのは、加賀谷さんです。電話での感情表現とかが上手いんです。 見えない相手へしっかりとお辞儀をしていたりと本当に凄いと思っています。 そして仲間思いで面倒見が良いんです。 場の空気を和ましてくれるなど、見習うところは沢山あります。

同期会は企画者がいなくて、中々開催できてないので、 もっと同期会を開いて、コミュニケーションを取っていきたいなと思いますので、 9月にノー残業デー(毎週各店舗2回設定)を利用して、同期会を企画したいと思います。

Tsubasa Ohno

───成長したと感じたことは?

大野 マナーとか常識とか言葉づかいとか全く分からなくて、叱られたりしながら覚えていって 意識を変えることが出来たと思います。 目先のことだけを考えて、自分のことだけを考えてたのがダメだと感じ、 周りを広く見渡せるように意識しながら仕事をするようにしています。 そうしたことでみんながどう動いていて、自分がどう動けばいいか考えられるようになったことが 成長したかなと感じています。

氏家 未だに出来てないですが、入社したての時は身だしなみがダラしなかったですし、マナーも覚えてなかったですが、 学生の時よりは覚えてきたのかなと感じています。 研修が終わって配属されてからは本格的に覚えることが増えて、右往左往していますが、 物事に優先順位をつけるようにして、先輩上司の担当でも把握しようと頑張っていることが 意識が変わってきたのかなと感じています。 凄い成長したとはまだ言えないですが、もっとこれから自分が伸びていくために 性格とか根本的なところから改善していきたいなと感じています。 今は何でもいいから、仕事で一番になろうと考えています。 例えば、電話を一番で出るという意識を持っています。

───自己紹介動画作ってどうだった?

大野 今まで自己紹介の動画なんて作成したことなかったので難しかったですが 「大野翼」のこれまでを知ってほしいって思って作りました。

氏家 動画を作った時が一番好奇心旺盛だったかもしれません。 とにかく他の人とは違う誰も作ったことがない動画を作りたいという気持ちで作ってました。 仕事でもそれは大事なところだと思うので、仕事でも色々なことにチャレンジしていきたいと思っています。

───今後の抱負や目標について

大野 まだ全然お客様の対応が出来てません。成約はもちろん案内も出来ていませんが 確実に成約まで出来るように頑張りたいです。

氏家 今の先輩上司から見た僕のイメージは「静か」とか「クール」というイメージだと思うので、 その殻を破って貪欲に泥臭く頑張って、同期には負けないようにやり遂げることを目標にしています。

Interview.